07/12/2016 09:47 GMT+7 Email Print Like 0

低所得者向けの住宅増設

6日午前、グェン・スァン・フック首相はハノイ市、ザーラム県、ダンサ町にある低所得者向けの住宅地区を訪れました。

フック首相は「低所得者向けの住宅建設は貧しい人々が家を購入できるように党と政府の優遇政策であり、今後、政府は低所得者向けの住宅を増設する予定である」と明らかにしました。
フック首相はダンサ町にある低所得者向けの住宅建設プロジェクトの成果を高く評価した上で、12月7日開かれる低所得者向けの住宅建設に関するオンライン全国会議でダンサ町の住宅建設というモデルを取り上げて、全国に広めたいとの意欲を表明しました。
ソース:VOV
他の記事