28/05/2014 16:36 GMT+7 Email Print Like 0

中国、リグ981を移動させた

27日午後、行われた記者会見で、ベトナムの漁業検査局のハ・レ局長は同日の朝5時30分、ベトナムの排他的経済水域と大陸棚に違法に設置された中国の石油リグ海洋981号が東・東北方へ3~4海里移動されたと明らかにした。

同日午前10時、リグがホアンサ群島のチトン島から東・東南方へ25海里離れた地点に設置されました。この地点は前の設置場所から東・東北方へ23海里離れ、また、リーソン島からおよそ150海里のところにある。

ベトナム側は依然としてリグ海洋981からおよそ5~6海里離れた所に海上警察や漁業検査隊を待機させています。漁業検査隊によりますと、リグ設置周辺に中国の飛行機2機が飛行している一方、大型海上監視船を動員させ、軍事力を増強しています。中国の船舶は故意にベトナムの船舶を攻撃し、体当たりしたり、放水したりして、脅威を与えています。また、中国の海上監視船や輸送船はグループを組み、ベトナムの船舶をリグから10海里以外に追い出している。

さらに、中国の漁船は横一列をつくって、ベトナムの漁船をリグの地点から15~17海里離れた海域に追い出しました。中国の戦艦はベトナムの漁業監視船に接近した。

一方、漁業検査局のハ・レ局長によりますと、 26日午後16時、中国の鉄製船11209号はベトナムのホアンサ群島に漁をしているベトナムの木製漁船DNa-90152に体当たりする事件が発生し、ベトナム漁船が沈没しました。また、沈没した漁船の救難に当たっているベトナムの海上警察と漁業検査船を阻止した。
ソース:VOV
他の記事