06/06/2017 12:21 GMT+7 Email Print Like 0

世界成長率2.7%で据え置き 世銀17年見通し、

WB=世界銀行は4日発表した最新版の世界経済見通しで、2017年の世界全体の成長率予測を2.7%とし、1月時点の見通しを据え置きました。各国の生産と貿易の回復が世界経済全体を下支えすると分析しました。日本経済は輸出の持ち直しで1.5%の成長を見込み、1月時点の予測から0.6ポイント上方修正しました。

世界経済は2018年は2.9%、2019年も2.9%の成長を見込み、緩やかな景気拡大が続くと予測しました。日本経済は2018年も0.2ポイントの上方修正を見込みましたが、成長率予測は1.0%にとどまるということです。企業の設備投資が上向くものの、賃金の伸びが低迷して個人消費は伸び悩んでいると指摘しました。2019年は消費税増税が予定されており、成長率は0.6%に鈍化すると分析しました。
ソース:VOV
他の記事