13/10/2014 10:19 GMT+7 Email Print Like 0

レー・チー・ズン(Le Tri Dung)画家の蛇の絵

絵画を愛する人々はレー・チー・ズン画家の馬についての絵に興味を持つ。2013年、レー・チー・ズン画家は蛇についての絵を描いた。へビはベトナムの伝統的な観念における絵と12支の干支に属する。

レー・チー・ズン画家のファン・ゴック・タック通りに有る彼の家の中、彼は私たちに、へビについての絵を紹介した。ズン画家によると、へビは危険な動物である。しかし、神聖な動物の一つとして知られる。抜け殻は再生することを表現する。


  ズン画家は自分のへビについての絵に、女の人の顔を描く。

レー・チー・ズン画家とへビについての絵。

画家界に対しては、12支の中、美しいへビについての絵を描くために、画家は数多くの壁に直面する。レー・チー・ズン画家は特別なへビの絵を描くために、多くのへビについての話を研究した。
ズン画家によると、へビと女性は神秘的な美しさを持つので、ズン画家は女性の顔をつへビ持を描いた。

ズン画家が大きな胸の女性の顔のあるへビの絵を描くことは彼の新たな創造を表現する。このことは美しい絵を作るばかりでなく、女性の神秘な美しさを表現する。
他の1つの特徴はズン画家のへビの姿は書道の芸術と関連する。ズン画家の絵におけるへビは「心」字の形、「福」の字の形をしてことは見る人のための、幸運を祝うことを表現する。

レー・チー・ズン(Le Tri Dung)画家のいくつかの作品




へビの絵のコレクションなので、レー・チー・ズン画家は干支を描く芸術に対して、特別なスタイルを作り出した。彼のへビについての絵は神秘な美しさが秘められ、アジア文化の特徴を持つ。

文:ガン・ハー(Ngan Ha)
写真:
タット・ソン(Tat Son)