29/01/2017 11:30 GMT+7 Email Print Like 0

ラックトー村の鶏のホー

ベトナムのバックニン省トゥアンタイン県ホー町のラックトー村のホーと言う名の鶏は「霊鶏」と呼ばれ知られている。封建時代、鶏は王にさしあげられた。そのことはベトナムの伝統絵のドンホー村の絵で再現されている。今、ラックトー村の農民たちは、ホー鶏を飼育することで、生活が改善された。
ホ鶏はラック・ト村の人々にラック・ト村のマスコットであると見なされた。祭りやテトの時、ホ鶏は不可欠である。

この600年間で、北部の各地方で誰でもホー鶏を知っている。ホ鶏は体調、頭が大きく、首が赤く、足が白く、黄色いである。


毛が黒い鶏も毛がプルーン鶏もいる。ホー鶏は丈夫で、鳴く声が響く。その肉は人の健康によい多くのアミノ酸がある。



2010年、地球環境ファシリティ(GEF)-国連環境計画(UNEP)- 物実験施設(ILRI)のプロジェクトはホ鶏を保護するため、飼育するシステムを援助した。


2012年、第1ハノイ農業大学も鶏を保護するプロジェクトを実施した。


ホ鶏を飼育する段階は厳しく実施される。

ホ鶏の鶏舎も慎重に作られる。


ホ鶏にやる餌も検査される。

ホ鶏の「家族」


ホ鶏の姿


ホ鶏は定期でワクチンを注射される。

ホ鶏は丈夫で、鳴く声が響く。その肉は人の健康によい多くのアミノ酸がある。

12ヶ月のホ鶏は体重が5キロから6キロまでである。


ホ鶏は「霊鶏」と呼ばれる

2016年の初め、ホー町はホ・ラック・ト鶏のブランドを登録する手続きを完成した。販売される前の鶏が荷札がつけられることはホラックトー鶏のブランドを保護することに貢献する。
ホ鶏の鶏舎は飼育研究院の科学のシステムで作られ、冬で暖かく、夏で涼しいである。農民たちも孵卵器を備えた。ホ鶏も自然で掛け合わせられる。

テトの時、繁栄と十分な生活のシンボルであるホ鶏は多くの人に購入される。

2016年末、丁酉年のテトを歓迎するために、ラック・ト村は2千匹のホ鶏を販売した。




文:トゥック・ヒエン
撮影:カイン・ロン