24/06/2014 10:40 GMT+7 Email Print Like 0

ラオスも海上の状況に懸念を示す

23日、ラオス外務省は、在ラオスベトナム大使館に公文書を送り、中国がベトナムの排他的経済水域と大陸棚に掘削設備を不法に設置して以来の海上の状況に懸念の意を表明しました。公文書では、ラオスは「ベトナム東部海域は重要で敏感な地域であるため、海上の平和、安定、協力の維持と促進は極めて重要である」と認めています。ラオスは海上の状況を見極めており、関連各国に自制し、エスカレートを招く行動を避け、1982年の国連海洋法条約を含む国際法に従って、武力行使を避けて紛争を平和的措置で解決する必要があると強調しました。
ソース:VOV
他の記事