04/10/2016 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

ライ・ティエウ(Thai Thieu)村におけるツチブタ を作る職業

この半世紀において、ビン・ズオン省、トゥアン・アン(Thuan An)町、ライ・ティエウ(Thai Thieu)村においては、カラフルなツチブタ を作り出す職業は発展する。ライ・ティエウ(Thai Thieu)村におけるツチブタ はティエン・ザン省、アン・ザン省、西方の各省、東南部の各省において、売られ、ラオス、カンボジア、タイなどの各国に輸出される。
この40年間にツチブタ を生産するタン・ティー・タム女史の家族の仕事場においては、約10人の工員はツチブタに模様を描く。タム女史によると、彼女の家族は70世代において、ツチブタを生産してきた。彼女の家族は粘土の釜を使用した。しかし、粘土の釜は環境に悪い影響を与えることを制限するために、人々は工業的な釜を使用する。

ツチブタ

人気があるツチブタ 

ツチブタ を飾るための原料。
ツチブタ を塗る工員。
漆の原料。

ビン・ズオン省において、保存され、発展するライ・ティエウ村。

ツチブタは豚の形をし、カラフルな模様で飾られ、子供たちの玩具であり、貯金するために、使用する製品である。 ツチブタは人々の子供たちのときと親密な関係があり、人気がある。
グエン・ティー・タイン・トゥイ女史(タム女史の娘)によると、子供のとき、彼女は彼女の家族のカラフルなツチブタを見ることに興味を持つ。成長のとき、彼女と彼女の友達はお金を稼ぐために、この職業を維持する。
市場が競争があるので、ライ・ティエウ職業村は子供のお客の多様な要求にこたえるために、粘土の鶏、粘土のウサギを生産する。トゥイ女史によると、ツチブタを生産するために、職人はツチブタを詳しく飾る。彼(彼女)らはツチブタに花、木の模様を描く。最初に、ツチブタは粘土の褐色を有する。職人により、飾られる後に、ツチブタは伝説におけるプリンセスのように、美しくなる。


青いツチブタ

ライ・ティエウ村の金色があるツチブタ
ライ・ティエウ村の黄色があるツチブタ
粘土の鶏

カラフルな粘土のウサギ
人気があるライ・ティエウ村の黄色があるツチブタ
ツチブタ-子供たちの贈り物

それぞれのツチブタの値段は7千ドン~1万ドンに達する。ツチブタの仲間値段は約4千ドンである。ツチブタ市場においては、黄色があるツチブタは人気がある。ライ・ティエウ村のツチブタの製品はティエン・ザン省、アン・ザン省、西部と東南部の各省に売られる。特別に、毎年の9月、テトのときに、ライ・ティエウ村は数多くのツチブタを売る。人々はそのときに、子孫に、ツチブタを常に贈る。
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
 
写真:グエン・ルアン