15/03/2017 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

メコンデルタ流域加盟各国の国会協力に関する第7回会議

13日、カンボジアの首都プノンペンでカンボジア、ラオス、ミャンマー及びベトナムを含めるメコンデルタ流域加盟各国の国会協力に関する第7回会議が始まりました。この会議は「国家予算の監査、管理及び公的投資に関する経験」をテーマにするものです。開会式で発言にたったカンボジアのヘン・サムリン議会議長は「この会議は4カ国の国会代表が業務活動、金融、国家予算監査・管理作業について討議し、それぞれの国、地域、世界の平和、安定、安全保障事業に寄与するための良いチャンスとなる」と明らかにしました。

開会式後、ベトナム国家財政予算委員会のグェン・ドク・ハイ委員長が率いる代表団は「公的投資に対する国会の監査役割の向上」などに関する討論会に参加しました。2日間にわたる会議議事日程で、代表らは「効果的な管理は予算管理と法的投資における成功の鍵である」、「国家会計検査の経験交換」及び「中部ダナン市で開かれた前回の会議の結果とその計画」に関する各討論会に参加しました。
ソース:VOV
他の記事