01/07/2015 09:24 GMT+7 Email Print Like 0

メコンデルタ地域のグリーン観光振興会議

南部カントー市で開催中のメコンデルタ地域のグリーン観光ウイークの一環として、6月30日、メコンデルタ地域のグリーン観光振興に関する会議が開催された。

会議で発言に立ったブー・バン・ニン副首相は「ベトナムは、政治状況が安定し、ベトナム人が親しみやすいということから、観光分野への投資家を誘致する為の大きなメリットに恵まれている。この数年間、ベトナム観光部門は急速な成長を遂げてきたものの、ベトナムを訪れた外国人観光客の数はアジア地域諸国と比べ、低い水準にあるという現状だ」と指摘した。

また、ニン副首相は各省庁や地方に対し、独特な製品の開発、インフラの整備、各地方との連携、観光土 産の質的向上と商標作り、地域と国際基準を満たす清潔な環境作りなどを行うよう求めた。

一方、席上、各省庁、西南部の各省・市の代表らはグリーン観光開発やグリーン観光への投資政策などに関する意見を出した。
ソース:VOV
他の記事