07/07/2016 13:49 GMT+7 Email Print Like 0

メコンデルタでの水資源保護

5日、南部カントー市で、農業農村開発省は、GIZ=ドイツ国際協力公社と連携して、「メコンデルタでの水資源管理・保護への投資」をテーマにしたシンポジウムを行いました。

席上、ICMP=沿海地帯での総合的管理プログラムの専門家らは、沿岸地域保護や、アンザン省とキェンザン省の洪水対策、ソクチャン省の水資源管理といった3件の研究テーマを発表し、意見交換をしました。

なお、ICMPはベトナムとドイツの政府の共同出資によるもので、メコンデルタでの気候変動対応能力の向上を目指すものです。
ソース:VOV
他の記事