17/07/2015 16:21 GMT+7 Email Print Like 0

ムーカン・チャイ(Mu Cang Chai)段々畑

棚田はベトナムの北西地域の山丘地帯で、稲作をする所である。毎年、雨季のとき、きらきら輝いていた 棚田は多くの観光客、写真家が訪れる。
イエンバイ省ムーカンチャイ郡に属する棚田は約2,200haあり、ラーパンタン町、チェークーニャー町、ゼースーフィン町、カオファー町である。その町における棚田は文化スポーツ観光省により、2007年、国の名勝として公認された。

雨季のイエンバイ省、ムーカンチャイ郡、カオファー渓谷における棚田は太陽の日差しで、きらきら輝いていた 。撮影:グエン・タン

この時期、ムーカンチャイ郡は、夜に雨が降る、雨は棚田に溜まり。朝の棚田は、雲がかかり美しい風景を作る。撮影:グエン・タン

カオファー町における雲と畑。撮影:グエン・タン
農民たちは棚田で稲を作る。撮影:グエン・タン
農民たちは稲を植えるために、谷川の水を使う。撮影:グエン・タン
この数年間農民たちは耕作機械を使用する。撮影:グエン・タン
雨季の棚田での田植えの様子。撮影:グエン・タン

田植えをするチェーチュー町のモン族の農民たち。撮影:トン・ティエン

棚田の模様。撮影:トン・ティエン
カオファー地域のモン族の農民たちの田植えの様子。撮影:トン・ティエン
ラー・ファン・タン町の田植えをする準備。
撮影:チョン・チン

雨季は、ムーカンチャイ地域の棚田は美しくなる。撮影:チョン・チン
棚田の育った稲は、西北地域の美しい絵を作り出す。撮影:チョン・チン
ラーファンタン町のモン族の女性と子ども。撮影:チョン・チン

棚田。撮影:チョン・チン
棚田の模様。撮影:チョン・チン
棚田で遊ぶ子供たち。撮影:チョン・チン

5、6月の雨が降ると段々畑は空への梯子段のようである。その時、土地の色は赤くなる。土地の赤い色、空の青い色、稲穂の色、モン族の女性のカラフルな衣装で美しい絵を作り出す。
文、写真:ベトナムフォトジャーナル(ゴールデン瞬間クラブ)