10/02/2017 18:09 GMT+7 Email Print Like 0

ミンホン-ミエンゾン(麺)

ミエンゾンを生産することは稲作とカイコの飼育より15倍の効果があり、ハノイのバヴィー県ミンクアン集落ミンホン村の人々の生活を改善させた。2015年、ミンホン-ミエンゾンはベトナムの科学技術省知恵所有局にブランドを登録した。

1966年ミンホン村のすべての人々は共同でカイコを飼育した。国家が土地を回収した後、農民たちはカンナの花を谷間で栽培し、カンナの球根で粉から麺を作った。始めの人は成功した、その後、各農家は協同して麺の造り方を考えた。
今では1日15kgの麺を作るようになった。今では主要生産品は、葛粉であるがミンホン麺は少しの人に知られている。

2001年、ミンホン村で麺を生産することは強く発展した。今まで、ミンホン村は農業協同組合になり、村の289軒の内165軒は麺を生産する。

麺の原料


球根を挽いた後、醗酵させる。

出来上がったミエンが太陽の光で乾燥される

今は、機械で生産する。

乾燥され麺が作られる


包装された麺


包装された麺


旧暦のお正月でテトの近くに、700キロから800キロまでの麺
が生産される。


ミエンは全国で生産される。


2015年、ミエン・ゾン・ミン・ホンはベトナムの科学技術省知恵所有局にブランドとして登録された。

2015年、ミエンゾン‐ミンホンはベトナムの科学技術省知恵所有局にブランドを登録したため、今まで、生産地の住所が記入された袋で包装され、全国、特にホーチミン市タンビン区、クアンニン省ハロン、ハイズオン省、ホアビン省などで販売される。

これにより、ミンホン村の人々の生活は、ミエンゾンを生産することで改善された。これは、バヴィー県とハノイの経済と社会の発展に貢献する。


文:ガン・ハー
撮影:カイン・ロン