05/05/2016 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

マーズンバンガロー

ラムドン省ラックズオン県ダギットの森の中に建てられたバンガローは自然に囲まれた素晴らしい所で、自然を愛する観光客にタイグエン森のすばらしさを味わってもらう。
マーズンバンガローのオーナーであるグエン・タイン・リエム氏は、ダラット出身である。リエム氏は旅行が好きで、若いの時、タイグエンのほとんどを回った。そのため、友達に「森馬」(ベトナム語:マーズン)と呼ばれる。彼は老後、ここに木の家を建て、花などを植えて家族と住むことを決めた。

マーズンバンガローの真ん中にある木で作られた家


たくさんの花が咲くマーズン。


マーズンの中の花の道


吊り橋を渡ることは観光客にとって楽しい経験である吊橋の上でで記念写真を撮る観光客

吊橋の上でで記念写真を撮る観光客


バンガローで体験している観光客


バンガローで体験している観光客


バンガローの中のリラックスのコーナー


バンガローは自然に調和して建てられている


マーズンバンガロー周辺の景色


池の中にある小さな休憩所と木で作られたバンガロー森を探索している観光客


森を探索している観光客

 
マーズンバンガロバンガローに来ると、観光客は熱烈に歓迎され、ダラットのおいしい空気が満喫でき、すばらしい景色を目にすることができる。

観光客も木の橋を渡り丘に登り、みかんを捥ぎたべる。ここからマーズンバンガロー全体が見渡せる。

夜には、キャンプファイヤーを囲い、バーベキューをしたりお酒を飲んだり、ギターを弾き歌を歌ったりする。他も、タイグエンについての多くの物語を聞き、多くの体験ができる。

 
文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン