30/12/2015 16:36 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市歴史博物館の40年間で集められた古物や遺品

40年かけて集められた数々の古物品はホーチミン市歴史博物館において紹介した。250品の古物は4種類に分けられる。それは国家機関からの物、考古学で発見された物、購入された物、国内外からの人から譲渡された物である。
1975年から、ホーチミン市人民委員会の指導の下で、サイゴン国家博物館が管理した後、ホーチミン市歴史博物館とホーチミン市文化情報業界は歴史教育の一環として応用できる展示方法を再検討している。現在、国家の宝物であると首相より批准された11品の物を含む3万7千の品々が紹介されている。

今回の展示はこの40年間で集められた品々が紹介されている。250品の古物は4種類に分けられた。それは国家の機関からの物、考古学から発見された物、購入された物、国内外からの人により譲渡された物である。


ホーチミン歴史博物館において1975年から集められた250品が紹介された。


同展示会を訪問している外国人観光客


国内外の組織により譲渡された物

同展示会のコーナーの一つ

宗教に関する物

同展示会に紹介された品は1820年から1841年のミンマン王朝の物、クー・ラオ・チャム古物のコレクション、ホックモン県のロンバン遺跡、9区のホイソン遺跡、カンゾー県のゾンカヴォ遺跡などである。特に、チャムパ文化、オックエオ文化の物などは古物として価値が有る。
外国の人に譲渡された物はフランスのFrancois Graillyさん、ニュージーランドのAlison Diệmさんの物である。特に、ヴオン・ホン・セン学者の物も選ばれた。

同展示会における物をご紹介しよう


15世紀の物

15世紀の物


15世紀、16世紀の物


15世紀、16世紀の物

ドンナイ文化、2500年前の物、1995年カンゾー県ゾンカヴォ遺跡。


中国の物


1479年の物


18世紀の中国の物


19世紀末の物


19世紀末の物


19世紀末の物


20世紀の物


20世紀の物


20世紀の物


ホーチミン市歴史博物館で紹介されている物々

 
文、撮影:グエン・ヴー・タイン・ダット