25/03/2015 10:23 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市における武器を収める秘密の地下壕

対抗戦アメリカ時期における武器を収める秘密の地下壕はホーチミン市、第10地区、「2月3日」通り、183-4号にあり、有名な歴史遺跡であり、人民たち、多くの観光客の観光コースになり、国家遺跡になる。
私たちはこの歴史の地を訪問するとき、第10地区、ホアビン文化センターの幹部であるロアン女史によると、1964年、「J9T700」別名があるサイゴン暗躍軍を指揮するグエン・ヴァン・チー氏とゴー・タイン・ヴァン氏(バー・デン氏として呼ばれる)、ゴー・ヴァン・カン氏の3名は、この家を買った。その後、カン氏と家族は、サイゴン暗躍軍の命令で、この家に住んだ。

1965年7月から1975年4月30日まで、武器を収める秘密の地下壕を作るドー・ヴァン・カン氏の妻であるグエン・ティー・クック女史。
秘密の地下壕を作り方を指導するグエン・ヴァン・チー氏(サイゴン暗躍軍の政治指導員、1965年)
地下壕の有る183/4号の家 は歴史遺跡に関する、物品が陳列されている。
地下壕の入り口


地下壕の中。

ラバーの靴を生産する道具。
地下壕に収められたTNT 爆薬。
地下壕に収められた手榴弾


地下壕に収められた武器を検査する軍人たち〔1976年〕


1965年~1975年のアメリカとの対戦時期に武器を収めた地下壕-歴史・文化遺跡の公認書。

ドー・ヴァン・カン(別名ホアン・マイン・ラック)は、バー・ムーの名があり、靴を作る職業をした。彼は、ハノイに生まれ、1945年から革命軍人入り、1963年から、彼は「J9T700」サイゴン暗躍軍に入隊した。1965年に、指導者の命令に従って、彼は同秘密の地下壕作った。秘密の責任となったので、家族は故郷へ帰った。1ヶ月間夜間の作業で、この秘密地下壕を建設した。
バー・ムー氏の地下壕の各部屋は、縦2,2m、幅1,8m、深さ1,7mである。客室の入り口は、6枚分のタイルで作られ、入り口の上にはソファが置かれた。

この時期に、サイゴン暗躍軍の武器はアンドン市場の靴生工場において、ラテックス の中に隠し、地下壕の客室へ運んだ。4ヶ月間で、50kgの爆薬、7つのAk型機関銃、21,000個の弾丸、50個の手榴弾、1丁の短銃、いくつかの軍装、軍用を地下壕へ運んだ。
1968年の春の戦役の後、敵はこの家を何度と検査した。しかし、この地下壕は発見できなかった。第10地区、「2月3日」通り、183・4号の家は、対アメリカ抗戦における国家歴史遺跡になった。

 

地下壕を訪問するヴォー・グエン・ザップ将軍。
地下壕を訪問する児童たち。
地下壕を訪問するエチオピア人の代表たち。
秘密の地下壕を訪問するソ連邦の代表団。(1980年4月)
秘密な地下壕を訪問するドミニカ共産党代表団。
 
40年間に渡って、武器を収めた秘密の地下壕遺跡は、学生の代表団と国内外の代表団が訪問し、民族解放事業におけるサイゴンの暗躍軍人の役割を研究された。
文:グエン・ヴー・タイン・ダット〔Nguyen Vu Thanh Dat〕写真:レー・ミン(Le Minh)