09/06/2016 10:13 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市、国外在留ベトナム人の力を活かす

8日午前、ホーチミン市の国外在留ベトナム人担当委員会は設立35周年を記念する式典を行ないました。これまで、同委員会は多くの政策を提出し、国外在留ベトナム人に対するベトナム共産党と政府の主張や政策の策定に寄与してきました。

また、同委員会は国外在留ベトナム人を対象に、宣伝教育、集いなどを行なうことにより、国外在留ベトナム人が母国の伝統文化の維持と国の建設発展事業を支援できるようになりました。ホーチミン市の国外在留ベトナム人担当委員会のチャン・ホア・フォン( Tran Hoa Phuong) 副委員長は次のように語りました。

「今後、経済、科学技術、教育養成などの分野に実施されている国外在留ベトナム人に対する党と政府の政策を具体化させるため、さらに取り組んでゆく必要があります。その他、母国で事業活動を行なっている国外在留ベトナム人に有利な条件を作り出します。また、国の発展事業に対する国外在留ベトナム青年の力を活かさなければなりません」
ソース:VOV