07/11/2014 09:28 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン学院、ホー主席に関する座談会開催

6日午前、ハノイのホーチミン国家政治行政学院に属するホーチミン主席研究院で、ホーチミン主席が救国の道を探る為に中国の広州に赴いた90周年にあたり、科学座談会が行われた。

座談会では、「ホーチミン主席が民族解放と救国の道を探るために多くの国を回り、革命活動を行ってきたが、1924年から1927年にかけての広州滞在期間はベトナム革命事業に特別な意義がある。そこでホーチミン主席はベトナム労働者階級の政党の創立を目指し、政治、思想、組織面での準備を行った」とされている。

座談会で、科学者らは「広州でのホーチミン主席の活躍は救国の道のりにおける重要な節目である」と強調した。
ソース:VOV
他の記事