28/04/2017 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

ホイアン旧市街でシルク・フェスティバル2017が開催される

第6回クアンナム遺産フェスティバルの一環として来る6月12日から、中部クアンナム省、ホイアン旧市街で、ベトナム・世界シルク・フェスティバル2017が開幕します。4日間にわたるこのフェスティバルには世界シルク協会やアジアシルク協会、メコン学院、及びベトナムと各国のおよそ50のシルク生産村・企業が参加する予定です。

今回、ベトナムシルク協会執行委員会が選出されるほか、「現代生活におけるシルク」と題するシンポジウム、シルクロードを再現する文芸公演や東洋のシルクと題するファッションショーなどが行なわれます。

なお、フェスティバルには数十ヶ所の展示ブースが設けられ、タンチャウやバオロック、ニャサ、ハードンなどベトナムの有名な絹産地の製品をはじめ、日本、フランス、インド、タイ、ミャンマー、インドネシア、ラオス、カンボジアなどのシルクや美術手工芸品が出展されるとしています。
ソース:VOV
他の記事