03/09/2015 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベネズエラ大統領、ベトナム公式訪問を終える

1日、ベネズエラのニコラス・マドゥロ・モロス大統領夫妻はハノイを発ち、8月30日から9月1日にかけてのベトナム公式訪問を終えました。

この訪問はベトナムのチュォン・タン・サン国家主席の招きに応じて行なわれたものです。これに先立ち、ハノイで、共産党のグェン・フ・チョン書記長はニコラス大統領と会見した際、ベトナムとベネズエラの団結友好関係の重要性を確認しました。一方、ニコラス大統領は経済、通商を中心にしたベトナムとの全面的協力関係を促進するよう希望を表明しました。双方は国連並びに国際フォーラムへの両国の積極的な参加を確認しました。

チョン書記長は世界各国との伝統的友好を重視するというベトナムの終始一貫した立場を確認した上で、今後、双方は両党、両政府、両国国民の友好団結への期待を表明しました。さらにチョン書記長は「ニコラス大統領による今回の訪問を通じて、両国の友好協力関係は両国国民の利益及び地域と世界の安定、協力のため、新たな発展を遂げるであろう」と強調しました。

ベトナム訪問期間中、ニコラス大統領はチュォン・タン・サン国家主席と会談したほか、グェン・タン・ズン首相を表敬訪問しました。会談で、双方は両国の協力枠組みの効果性の向上に向けて、エネルギー、石油、農業、水産の各分野での協力プロジェクトの具体化及び安全保障、司法分野での協力強化で一致しました。この機にサン国家主席は2016年ベネズエラで開かれる非同盟諸国首脳会議に対するベトナムの応援を確認しました。共に関心を寄せている国際情勢に関し、双方は領土主権紛争が国際法の遵守に従って平和的対話を通じて解決される必要があるとの見解を示しました。

8月31日、国会のトンティフォン副議長は「ニコラス大統領と会見した際、今回のベトナム訪問は両国国会と国民の相互理解を深めるであろう」と強調しました。

ベトナム訪問にあたり、ニコラス大統領率いる代表団はベトナム戦没者慰霊塔、ホーチミン主席廟を訪れ、ファムビンミン外相とベトナム企業の代表らと会見しました。
:VOV
他の記事