09/06/2017 11:33 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 世界の第6位小売市場

2016年の世界小売市場ランキングによりますと、ベトナムは6位を占め、前年より5ランクアップしました。

アメリカのシカゴを本拠とする世界的な経営コンサルティング会社A.T.カーニーは先ごろ、2016年の世界小売市場ランキングを発表しました。これによりますと、ベトナムは6位を占め、前年より5ランクアップしました。

A.T.カーニーは、小売市場の発展を目指す政府の政策や、中流階層の発展、若い人口などはベトナムの小売市場の発展を支えているとみています。

A.T.カーニーによりますと、サークルKとファミリマートはベトナムで急速な成長を見せているのに対し、セブン・エレブンは来年からベトナムに進出し、その後の10年間、ベトナムで1000店舗を開店する計画があります。そして、韓国のロッテマートやEmartもベトナムへの進出を進めているとしています。
ソース:VOV
他の記事