14/12/2015 14:25 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム風の紙人形

多くのベトナムの紙の人形は手で作られ、ベトナム文化の特徴を持ち、多くの外国人の観光客に人気あり、特に少女たちに夢と希望を与える。
上記の人物はトゥェット・フオンさんである。彼女は記者の仕事を辞め、シナリオについてのコースに参加した。フオンさんの最初の映画のシナリオは「紙の人形」についての映画である。しかし、紙の人形を作る人がなかったため、自分で紙の人形を作った。

人形を作る紙


人形の付属材料


紙人形を作る準備をしているトゥェット・フオンさん


人形の服を作っている


人形のデザインとその服、紙、顔などを担当するトゥェット・フオンさん

紙の人形を作りには慎重さが必要である。


人形の服


心をこめ、人形を作る


フオンさんが作った紙人形

最初、フオンさんは時間がかかり、紙の人形を作る材料探しと制作工程をやってみた。そして、段々とカラフルで様々な人形が生まれ、フオンさんの作った紙の人形に注文が殺到した。本人も驚くほどの価値があった。

彼女は人形のデザイン、その服、紙、顔などを担当している。まず、胴体部を作り、そして、その手、足、頭などを付ける。最後、服、スカート、紙、眼や鼻を作る

一体の紙の人形の製作時間は4時間から5時間かかる。        彼女の作った人形を見ると褒めたくなる。ベトナム風の紙の人形を通じて、外国人の観光客はベトナムのことがより理解できる。
















文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:グエン・ルアン