02/07/2015 09:22 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム航空、アジア初のA350機 国内線投入後にパリ飛行

(flyteam.jp/news)エアバスは6月30日、同社トゥールーズ工場でベトナム航空に初めてとなるA350 XWB初号機を引き渡した。機体記号(レジ)は「VN-A886」で、航空機リース会社のエアキャップ(AerCap)が発注し、リースするもので、 ベトナム航空は自社購入の10機、リース4機とあわせ、計14機のA350を導入する。

ベトナム航空は、アジアで初めてとなるA350を運航する航空会社となり、初の営業飛行はホーチミン/ハノイ線で運航する。機内仕様は、ビジネスにフルフラットベッドとなる29席を装備するほか、プレミアムエコノミー45席、エコノミー231席、計305席である。

ベトナム航空は、ホーチミン/ハノイ線へ投入後、2015年10月にもパリ線に投入する予定である。
ソース:VOV
他の記事