25/07/2016 11:13 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム東部海域で法順守必要

【共同】岸田文雄外相は24日夜(日本時間同)、国際会議出席のため訪れたラオスで、同国のサルムサイ外相と会談しました。ベトナム東部海域いわゆる南シナ海での中国の主権主張を否定した仲裁裁判所の判断を踏まえ、国際法の順守や紛争の平和的解決が必要だとの日本の立場を強調しました。サルムサイ氏は「しっかりと受け止めた」と述べました。
岸田氏は、農業などラオスの主要産業への支援を表明しました。日系企業の進出を踏まえ、経済発展に貢献する考えも伝えました。サルムサイ氏は「感謝する」と応じました。ラオスは中国から多額の援助を受ける親中派でもあります。
ソース:VOV
他の記事