13/09/2015 10:49 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム映画、国連本部で注目を浴びる

 ASEAN映画祭の一環として、11日、ジュネーブでベトナムの国連事務局、WTO=世界貿易機関常駐代表団はグエン・ファン・クアン・ビン監督の映画「エントレスの野原」を上映し、国際友人の注目を浴びた。

上映式でベトナム常駐代表団副団長のファム・クォク・チゥ大使は「各国間の文化協力は重要な役割を果たし、相互理解の深化に大きく寄与している。ベトナムは国際社会への参入の促進に伴い、映画を通じての国土と文化のピーアールは世界各国にベトナムへの理解を深めてもらう」と強調した。
ソース:VOV
他の記事