10/12/2015 14:20 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム情報科学技術分野のグエン・ヴァン・バー(Nguyen・van・ba)副教授

最初のベトナム情報科学技術分野の副教授の一人であるグエン・ヴァン・バー副教授は、ハノイ工科大学の教師であり、ベトナムにおけるコンピューティング分野の基礎を建設した最初の人として知られる。
ベトナム情報科学技術分野に関する世界で急速に発展した国家として評価される。
グエン・ヴァン・バー副教授は私たちとハノイ工科大学におけるコンピューティング学部の設立時期について話した。
1972年、ボーランドに留学した後、彼は帰国し、物理、数学学部の学生たちのために、効果的な教育方法を作る望みで、バー氏と同僚たちはベトナムの最初のコンピュータであるMINSK 22コンピュータプログラミング方法を勉強した。



グエン・ヴァン・バー副教授。
ハノイ工科大学の情報・テレコム学院の幹部たちはグエン・ヴァン・バー副教授の75歳の誕生パーティーを開催した。撮影:資料。

 
MINSK 22コンピュータはサイズが大きく、ベトナムの気候環境で、このコンピュータを保守することは多くの問題に直面した。バー氏は「機械のインフラは立ち遅れ、すべての人々はハノイ工科大学の発展的なコンピューティング文化を建設することに対して期待をしています。」と言った。

グエン・ヴァン・バー副教授と同僚たちはすべての図書館で、コンピューティングに関する資料を必死に探した。これは彼に数多くの問題を与えた。最後、彼はアメリカのACM雑誌におけるCurriculum 68を見つけた。これはアメリカの70人の有名なコンピューティング専門家により編集されたComputer Science教育プログラムである。この資料を基に、バー氏と同僚たちはハノイ工科大学のコンピューティング学部のためのコンピューティング教材を編集した。1987年に、北部の最初のコンピューティング学部は公式に開かれた。

1989年~1990年に、現代的なコンピュータはベトナムにできた。この時点で、グエン・ヴァン・バー副教授は退職した。
時は過ぎたが、グエン・ヴァン・バー副教授はベトナムのコンピューティング分野の基礎を建設した人の一人として知られ、若い世代の人たちに尊敬される。

 

ベトナム情報科学技術の博士論文を評価するグエン・ヴァン・バー教授。撮影:資料
ハノイ工科大学で同僚たちと意見交換をするグエン・ヴァン・バー副教授。撮影:タット・ソン

高齢であるが、彼は熱心に研究する。撮影:タット・ソン
退職した彼は、若い同僚と協力するとき、喜びを感じる。


文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:グエン・タット・ソン(Nguyen Tat Son)&資料
他の記事