07/06/2017 10:45 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・日本、220億ドル相当の複数の投資契約

グエン・スアン・フック首相による日本訪問にあたり、5日、東京で、両国の各省庁、地方、企業は220億ドルにおよぶ複数の投資契約や合意書を締結しました。

フック首相の立会いで、ハノイ市人民委員会、BRGグループ、及び住友財団は東南アジアで屈指のスマートシティの建設を目指すニャッタン・ノイバイ住宅開発プロジェクトに関する協力合意書に調印しました。一方、同日、Vinalines=ベトナム商船公社はNYK Line株式会社とメコンデルタ地域にある工業団地や工場用のロジスティックスや運輸サービスの発展に関する合意書に調印しました。こうした中、格安航空会社ベトジェットエア

は三菱UFJリース株式会社と およそ3億5千万ドル相当の融資契約を締結しました。融資資金は航空機エアバスA321型機3機の購入に充てられます。
ソース:VOV
他の記事