28/06/2016 10:39 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・中国協力指導委員会第9回会議

27日、ハノイで、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相と中国の楊ヨウ 潔篪ケツチ国務委員は共同でベトナム・中国協力委員会第9回会議を主催しました。席上、双方は今後の協力方向や全面的かつ戦略的パートナー関係の強化措置などについて話し合いました。また、高級代表団の交換や切実な協力、2016年から2020年期の両党の協力計画の展開、各地方の党委員会間の交流、青年による友好交流を進めることで一致しました。一方、経済、貿易、投資、インフラ整備、金融・通貨、農業分野を協力の中核に位置づけること、国境地域の管理、治安・秩序の確保、発生する問題の解決で協力することでも合意しました。
さらに、海上問題に関して、双方は両国の党と国家の指導者が達成した共通認識や、「海上問題解決に関する基本的原則」を遵守するとともに対立を抑制し、交渉の促進や海上協力プロジェクトの展開、海上救難に力を入れると強調しました。また、友好的な交渉を通じて双方が受け入れるような長期的かつ基本的な解決策を模索し、紛争と情勢を複雑化するような行動をせず、DOC=海上行動宣言を完全履行し、COC=海上行動規範を早期作成すると同時に、国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って平和的措置で紛争を解決するについても協議しました。

会議後、ミン副首相兼外相と楊国務委員はベトナム・中国協力委員会第9回会議に関する文書やベトナム海上警察司令部と中国海警局の協力覚書などの調印式に立ち会いました。これを機に、ダナン市駐在中国総領事館の開設に関する手続きを済ませたと発表されました。
ソース:VOV
他の記事