06/11/2014 13:01 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・ラオス・カンボジアとの国境線医療検疫協定の実施状況シンポジウム

4日、南部ティニン省ティニン市で、ベトナム予防医療局はラオスとカンボジアの伝染病予防局と協力して、ベトナム・ラオス・カンボジアとの国境線医療検疫協定の実施状況を評価するシンポジウムを行った。シンポジウムではエボラ出血熱を始め、伝染病の予防のための協力対策が提出された。
シンポジウムに参加した代表は陸路と空路における国境線でのエボラ出血熱を始め、伝染病の予防対策が討議された。また、3カ国は今後Eメールを通じて、疫病に関する情報を常時に交換すると共に、それぞれの国の国境検問所の検疫システムの能力向上のため協力を強化することで一致した。
ソース:VOV