07/12/2015 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムダイオキシン被害者のために、真実を探す人

ダイオキシン被害者の公平を見つけるために、73歳のチャン・トー・ガー(Tran To Nga)女史は、ベトナム戦争で、アメリカ軍へ化学薬品を供給したアメリカの26社を裁判所に申し立てた。
2015年8月、ガー女史とフランスのWilliam Bourdon Forestier弁護士事務所の弁護士たちと、アメリカ撮影隊は訴訟のための文書を準備し、ドキュメンタリーを作成するために、ベトナムへ来た。

1966年から1970年まで、ガー女史はベトナム通信社の新聞記者であった。彼女はクーチー地域、ビンロン地域、タイニン地域で、働き、住んだ。その地域はアメリカ軍がダイオキシンを散布した地域である。それで、彼女の3人の子はダイオキシン被害者であり一人は亡くなった。


ベトナム戦争において、アメリカ軍隊のために、化学薬品を供給するアメリカの26社の会社を裁判所に申し立てた。
73歳のチャン・トー・ガー。


2015年8月、ホーチミン市を散歩するチャン・トー・ガー女史と被害者たち。
財ベトナムダイオキシン援助センターを訪問するガー女史。
ダイオキシン被害者の支持はガー女史に対して、大きな励ましである。
自分の苦労とダイオキシン被害者に対する思いはガー女史の原動力である。

ベトナム戦争において、アメリカ軍隊のために、化学薬品を供給した26社のアメリカの会社への訴訟は、2014年6月、フランスの裁判所により、受理された。チャン・トー・ガー女史は訴訟人であり、証人でもある。
ベトナムへ帰ったとき、ガー女史は戦場跡を訪問した。彼女は感動した。ベトナム通信社の新聞記者であった同僚たちと出会い、ガー女史は、真実を探す行程に対する苦労と望み、信憑性について話す。
ベトナムを訪問する時間に、ガー女史はホーチミン市のダイオキシン被害者と散歩し、ハノイのダイオキシン被害者援助センターを訪問した。

フランス人の弁護士たちはガー女史と同行し、ベトナムダイオキシン被害者を見るとき、悲痛を感じた。
 Alan Adelson監督とScott Sinklerカメラマンを含むアメリカ撮影隊はガー女史と同行し、「希少なランプ」のドキュメンタリー映画を制作する予定である。このドキュメンタリーはガー女性の生活、ダイオキシンによるベトナムの破壊を表現する。撮影隊とガー女史はベトナム通信社、ホーチミン市戦争証跡博物館、クーチー戦場、タイニン地域、コンダオ地域、カントォー地域、ソックチャン地域、ハノイを訪問した。

アメリカ撮影隊は「希少なランプ」

ダイオキシン被害者に関するドキュメンタリーを撮るために、ガー女史と同行するScott Sinkler カメラマン。

ベトナムダイオキシン被害者のために、真実を探す行程について話すガー女史。
ホーチミン市の第3地区における戦争博物館を訪問する
チャン・トー・ガー女史。
クーチー戦場を訪問するガー女史と友人。
友達や同僚と出会い喜びの意を表すガー女史。

彼女はベトナムの多くの地域の人民たちにより支持された。特に、ソックチャン省の約1万8千人はこの訴訟を支持するために署名した。これはベトナムにおけるダイオキシン被害者のために、真実を探す行程へのガー女史に対する大きな支持である。
 
 
文:ソン・ギア
写真:アン・ヒエウ
 
他の記事