07/07/2017 17:41 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのMoriSワサビノキ

外国会社に退職したチャン・ティー・フオン(Tran Thi Huong)女史は新たな仕事を始めるために、故郷へ帰った。彼女は農民たちとともに、ベトナムのMoriSワサビノのトレードマークを開発してきた。
ベトナムのMoriSワサビノキのトレードマークを開発する3年間後に、オンライン販売システムのほかに、フオン女史のMoriSワサビノキで、生産される製品は数多くの清潔な食品店とベトナム輸出農産物見本市に売られ、1年当たり24億ドンの収入を与える。
2014年、ハノイのタイン・オアイ(Thanh Oai)地域-フオン女史の故郷へ帰るたびに、彼女は貧しい農民たちの生活を理解したので、そのほかに、ベトナム農業製品のトレードマークを開発する望みで、フオン女史はワサビノキ(MoriS)有限責任会社を樹立した。

30歳のチャン・ティー・フオン女史は農業分野におけるベトナムの最も若いシーイーオーの一人として知られる。


高い栄養量があるワサビノキは栄養失調問題を減少させる製品の一つとして知られる。


高い栄養量があるワサビノキは早く成長し、簡単に保管される。 


高い栄養量があるワサビノキの葉


ワサビノキ(MoriS)有限責任会社は農薬を使用しなく、ワサビノキを保管することに、現代的な科学技術を応用する。


高い栄養量がある美味しいワサビノキ穀物の製品


ワサビノキ穀物の製品を生産する過程。


ワサビノキ穀物の製品を包蔵する過程。

フオン女史は「MoriSワサビノキ会社はワサビノキで生産される製品を供給し、消費者たちに、栄養的な製品を供給するばかりでなく、ベトナム農産分野を促進することに貢献を果たす方針があります。ワサビノキ製品はワサビノキで、生産され、消費者たちの健康によい影響を与えます。」と言った。
チャン・フオン女史はVietGAP基準に従って、ワサビノキ木を植えるために、ダン・フオン(Dan Phuong)地域(ハノイ)、コアアイ・チャウ(Khoai Chau)地域(フン・イエン(Hung Yen)省)、ソック・ソン(Soc Son)地域(ハノイ)に住む農民たちと協力する。
チャン・フオン女史とMoriSワサビノキ会社は数多くのワサビノキ製品を生産する。MoriSワサビノキ会社の製品はベトナム医療省の食品安全証明書を有する。栄養的なワサビノキ穀物の製品とワサビノキのカプセルの製品は国内の市場に、日増しに、シェアを占める。



シンガポールに輸出されるワサビノキのお茶の製品


人気があり、日本におけるベトナム製品見本市に紹介され、シンガポールに輸出される美味しくて、
栄養的なワサビノキ穀物の製品


ワサビノキのカプセルの製品


ワサビノキの紅



ワサビノキの石けん
ワサビノキ(MoriS)トレードマークで、ワサビノキで、生産される製品がシンガポール、日本に輸出することはチャン・ティー・フオン若い経営者のビジョンを表現する。
文:トゥック・ヒエン(Thuc Hien)
写真:クアン・ロン(Khanh Long)