14/07/2016 14:08 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの首相、タイ・グエン森の門を閉める

森林の乱伐、森で耕作し、水力発電所を建設したことによりタイグエン森の環境はひどく荒らされたことで、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、森の門を閉めることを決定した。
森を保護することはベトナムをはじめ、世界の各国でも緊急なことである。タイグエン省で、森は特別な意味があり、水源、生態と中南部、東南部の海浜のある省の経済・社会に影響を与える。森の資源はタイグエンの少数民族の文化と存在に関係がある。

しかし、この数年間、タイグエンは深刻な旱魃に直面している。タイグエンの経済と文化にひどく影響を与えた。



人の破壊の前、タイグエン森は枯渇で、さらになくなる危機に直面している。
撮影:グエン・ルアン



人々に破壊されたコン・トゥムの森
撮影:クアン・タイ



コン・トゥムにおける森は違法で、木が
伐採された。
撮影:クアン・タイ



乾季の旱魃のタイグエン森
撮影:グエン・ルアン

 

2015年、違法に森の木を伐採は6034件あり、2014年より463件増えた。2016年の年頭だけで、1724件が摘発された。
森林の破壊は、森で商業用樹木のプロジェクトとして木を伐採したこと、水力発電所、人々が森林を破壊したことで、タイグエン森はひどく荒らされている。

フック首相はダクラク省ブオンマトゥオット市におけるタイグエン山岳地方を訪問し、タイグエン森の破壊が深刻で、生物の多様性を失い、タイグエンの気候変更に直接に脅威を与えている。管理を行なわないと、タイグエン森はなくなると述べた。

タイグエン森を救うために、フック首相はタイグエン森の門を閉め、残る面積225万haを自然の森を他の目的に変更せず、森で樹木を栽培しないことを発表した。同時に、森を管理し、保護し、維持させることで、フック首相は、タイグエン省人民委員会の会長が県人民委員会の会長に森の保護、森の開発の責任を執行しなければならない。

さらに、フック首相も自然の森から開拓された木を加工する工場を閉め、農場などを管理市、森に関する水力発電所に許可書を許可することを停止することなども要求した。


2016年-2020年気候変更に対応する方法についての会議で、ベトナムのフック首相はタイグエン森の門を閉めることを要求した。
撮影:トン・ニャット



森を保護するため、火災警戒板をかける公務員。
撮影:ズオン・ザン


森を保護する、
撮影:ズオン・ザン

フック首相は政治のシステム、企業と民間に呼びかけ、森を回復させ、維持し、2020年タイグエンにおける森林植林率が59パーセントに増えることに努力することを確認した。

それはタイグエン森を救い、タイグエンの人々の希望を表わす決定である。


ベトナム農業農村発展省の2014年の年末の報告によると、タイグエンの5省に林業に対しての森と土地の面積は3,354,194haであり、その内、森の面積は2010年より18万haが減少したという。


 
文:ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル