09/06/2016 10:13 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの海と島週間に応える集会

8日、北部ナムディン省で、グェン・スァン・フック首相はベトナムの海と島週間と世界海洋デーを祝う集会に出席しました。2016年のベトナムの海と島週間は「緑の地球のため」がテーマであり、世界海洋デーは「健全な海洋」をテーマにしたものです。6月1日から8日にまで、ベトナムの海と島週間は国の建設防衛事業における海洋と島の重要性に関する国民の認識を向上させるため、行なわれました。集会で発言にたったフック首相は次のように語りました

「海洋の環境保護は長期的に見て重要な任務です。特に海岸に近い海域の環境保護作業は極めて重要です。天然資源環境省と関連各機関は海洋ゴミプロジェクトの実施を厳格に監視する必要があります。環境保護法に違反する行為を発見すれば厳格に処分しなければなりません」

このように語ったフック首相は沿海部の各地方に対して自然災害の軽減を目指す気象情報予防作業を促進させ、そして、海洋と諸島での長期的な資源開発、海洋環境汚染防止、気候変動対応、高潮災害予防を行なうよう求めました。

またフック首相はベトナム東部海域いわゆる南シナ海に属する諸国が平和、安定、安全保障、航海自由事業に積極的に寄与することへの支持を表明しました。さらにフック首相はこの海域の紛争に触れ。この問題は1982国連海洋法に沿って、DOC=南シナ海行動宣言を厳格に実施し、武力を行使せず、平和対話を通じて解決するよう呼びかけました。
なお、集会後、1千人の青年は砂浜の清掃せいそう活動に参加しました。
ソース:VOV
他の記事