06/05/2016 13:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの料理に魅了されたイスラエルの男性

イスラエル系アメリカ人のルビンさんはハノイのタイホ区トーゴックヴァン通りでDaluwaレストランを営むオーナーであり、ベトナムの料理に興味を持ち、ハノイに住んでいる。
ルビンさんは「ベトナムへ来る前、アメリカで長い間働き、世界を時間を掛け旅行しました。私はベトナムの料理が好きです。2009年、初めてハノイへ来た時、すぐこの街が好きになり、そしてここに住むことを決めました。」と述べた。

ルビンさんのレストランはベトナム文化に興味のあるイスラエルの人に知られるようになった。ここでベトナム料理とイスラエル料理を合わせた料理が賞味できる。


この間、ルビンさんは在ベトナムイスラエル大使館と協力し、「ベトナム-イスラエル友好料理週間」を行った。ここで、ベトナムとイスラエルの料理を合わせた料理を紹介した。

ハノイのトーゴックヴァン通りでDaluvaレストランを営むオーナーのルビンさん

ベトナムの食材で作られた料理を紹介するルビンさん
と在ベトナムイスラエル大使館のサハラ女史



「ベトナム-イスラエル友好料理週間」で紹介されたメニュー


Daluvaレストランで食事をする外国人の観光客


「ベトナム-イスラエル友好料理週間」はベトナムとイスラエルの友好関係を促進することに貢献した。


Daluvaレストランのコック長のルビンさん


ベトナムの料理とイスラエルの料理が混ぜ合わされた料理


ベトナムの食材で作られたサラダ

イスラエル風ベトナムの揚げ豆腐


肉を使わず野菜だけの生春巻き


ブンチャーのイスラエル風
イスラエルとベトナムの食材で作られた生春巻き、ブンチャー、揚げ豆腐は多くの人々を堪能させた。

ルビンさんは、ベトナムの食材でイスラエルの料理を作りたいと考えている。多くの客に、ヌオックマムを使ったイスラエルの人気の料理であるshuk shukaを作った。彼は「ベトナムの食生活において、ヌオックマムは必ず使わなければなりません」と述べた。

素朴で賑やかなハノイが大好きなルビンさんは毎朝フォーかブンを食べ、お茶を飲みながら、近所の人たちと語り合い、タイ湖の周りを散歩しながら過ごすことが一番好きである。

文、撮影:チャン・タイン・ザン