13/02/2014 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの外交分野が示したもの

2013年はベトナムの対話分野の成功年である。ファン・ビン・ミン(Pham BinhMinh)副首相・外務大臣はこの問題についてのインタビューに応じた。ベトナムフォトジャーナルはこのインタビューの1部を紹介しよう。

ファン・ビン・ミン(Pham BinhMinh)副首相・外務大臣




記者:最近、ベトナムは5ヶ国の国際連盟理事会の常任理事国と戦略的なパートナシップ、全面的なパートナーシップと設立します。このことを通じて、ベトナムはどのような利益を得すか。

副首相:2013年は対外に関する重要なマークを有する年です。ベトナムと各国間の関係は安定です。ベトナムは5ヶ国との戦略的なパートナーシップを設立し、2ヶ国と全面的なパートナーシップを設立しました。この13年間、私たちは13ヶ国との戦略的なパートナーシップを設立することを完了し、11ヶ国の各国との全面的なパートナーシップと設立することを実現しました。

ベトナムは5ヶ国の国連常任理事国と戦略的なパートナシップ、全面的なパートナーシップと設立することは重要なことです。この各国家は大きな国家です。このことはベトナムとの各国間の政治関係を新たなレベルに向上させ、安全・国防、経済、貿易、投資分野などのベトナムと各国家間の協力関係を促進します。

ロシアとの戦略的なパートナーシップを設立したとき、ベトナム・ロシア間の双方貿易額は6倍になりました。中国との戦略的なパートナーシップを設立したとき、ベトナム・中国間の双方貿易額は6年間で、4倍になりました。イギリスとの戦略的なパートナーシップを設立したとき、ベトナム・イギリス間の双方貿易額は3年間において、倍増しました。ベトナム・5ヶ国の国際連盟理事会間の貿易金額は現在、45%を占めます。ベトナムへの投資金額の中、ベトナムへの5ヶ国の国際連盟理事会間の投資金額は20%を占めます。
記者:数年を経て尚且つ、今も東海における論争、粉争はまだ存在します。この状況においては、近隣の各国との友好関係、協力を維持しながら、ベトナム主権を保護するために、ベトナムはどのような方法を実施しますか。

副首相:東海の地域においては、私たちは主権を保護するための数多くの方法を行っています。実際に、ベトナム人民たちは海域、ベトナムの特権の地域において、住み、働き、利益を上げます。私たちは海上における主権を保護するために、違反に対して戦うことを決心します。東海には、数多くの複雑な問題が有り、粉争問題を起こしています。ベトナムの観点は交渉、会談の方法、平和的な方法で武力を使用せず、1982年の海洋法に関する国際連合条約に基づいて、東海における粉争を処理することです。ベトナムの観点は国際共同体、アセアン諸国により支持されます。現在、私たちは対話、平和的な方法で、粉争問題を処理し、同時に、関連する各国とともに、DOC宣伝を効果的に実行し、東海における規則(COC)を早く建設することを促進します。


記者:人権は現在において大きな関心を持たれる問題です。近年、ベトナムは人権評議会に多くの投票数で、当選しました。しかし、インターネットにおけるいくつかの新聞記事によると、ベトナムは人権を重視していません。ミン副首相はこの観点について意見を述べていただけませんか。ベトナムにおける人権はどのように実現しますか。
副首相:近年、ベトナムにおいて、人権は徐々に確保されています。このことは政治、経済、文化、社会などのすべての分野において表われています。
ベトナムは経済開発、社会保障確保、貧困解消、男女平等、人間開発指数高めなどの分野において、常に高く評価されます。発展に関する千年紀目標を早く完遂することで、ベトナムはこの分野の典型的な国家として知られます。この成功はベトナムが国連の人権評議会のメンバー国家を投票する歴史上最多の投票数で、当選することを援助します。このことも、各国は人権確保に関するベトナムの貢献を高く評価し、承認することを表現します。
私にとっては、世界におけるすべての国家は人権に関する問題を有します。それぞれの国家の人権の政策に対する違う意見は存在します。それで、多くの目的のため、ベトナムの人権に関する政策を公認しない意見は存在します。ベトナムは人権を実現することを促進し、よく行うほかに、同時に、ベトナムの人権に関する成功、実現されるべきである問題についての十分な情報を提供することは必要です。それで、各国と対話を進めることは必要です。現在、情報交換を促進するために、いくつかの国家との対話規制を実現しています。
記者:ご協力、ありがとうございました。

文、写真:
ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル

他の記事