05/05/2015 09:07 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの党中央委会議

4日午前、ハノイで、第11期ベトナム共産党中央委員会第11回総会が開幕した。

今総会では、次期党中央委員会の人事問題や、第12回党全国代表大会の参加者の人数、地方行政の組織、南部ドンナイ省に建設される予定のロンタイン国際空港建設プロジェクト、党政治局の報告書などが討議される見通しである。

なお、この総会は5月7日まで行われる計画である。開会演説を行ったグエン・フー・チョン書記長は総会の主要議題を取り上げ、「第12回党大会が開催されるまでに、中央委員会は、大会の政治報告の完備とともに、党条例に従って人事面を準備しなければならない。特に、次期中央委員会や、政治局、書記局、書記長の人事を選ぶ必要がある」と強調した。

また、チョン書記長は「健全な中央委員会を選出しなければならない」との決意を示し、「中央委員会委員らに対し、人事問題の重要性を十分に認識し、具体的な意見や、分析、推薦を提案するよう求めます。特に、中央委員会や、政治局、書記局、書記長の人事に関する規定、基準を詳しく討論する必要があります。その目的は才能と道徳を兼ね備えた幹部を選出することです。」と述べた。

このように語ったチョン書記長は、地方行政組織問題にも触れ、「これは国のドイモイ刷新事業と近代化工業化事業、法治国家建設事業にとって死活問題だ」とした上で、「地方行政の能力向上や、活動の効果向上、幹部の能力の向上のための措置を提案するよう」要請した。

さらに、ロンタイン国際空港建設プロジェクトに関し、チョン書記長は「このプロジェクトアンを早期に完備し、できるだけ早く国会に上程するよう」指示した。
ソース:VOV
他の記事