13/07/2015 09:23 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院

ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院はベトナムの伝統的な医学についての先端の病院であると評価され、この40年間、伝統的な医学と現代の医学を同時に研究し、伝統的な医学で診断し、伝統的な薬を作り、南部の病院で伝統的な医学を伝える。
ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院は1975年12月24日に設立され、少し医師と少ない設備であった、現在、現代的な設備が備えられている。、25人の博士などを含む260名の医師がいる。

ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院はのグエン・ヴァン・フオン医者は、全国で知られている養生方法を作った。同院のフイン・グエン・ロック院長はその同僚と多くの科学研究を研究し、伝統的な医学についての本を出版し、治療法を作った。



ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院はベトナムの伝統的な医学の先端の病院の一つであると評価されている。


ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院内に立てられた名医の像。


ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院の一部の地区


ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院の若い医者は患者に対し熱心である。


ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院は現代的な設備が備えている。


乾燥ヨモギで不眠症を治療する

ベトナムのホーチミン市の民族の医薬学院で針の方法で病気を治療する。

赤外線で治療する方法


同院の物理治療学でリハビリをしている患者


医学学院で治療されたグエン・ティ・シン患者はここの治療について満足している。


学院で作った薬


薬を作る場所


出来上がった薬


240種類の薬は倉庫に保存されている。


同院の試験室。
 

この40年間、学院の400の科学研究は実施された。他は学院もガンのような難しい病気を研究することに集中している。特に、チャン・ヴァン・ナム氏とホーチミン市医療学株式会社の科学研究は2011年の代表的な功績のリストに入った。

ホーチミン市医療学株式会社が作った薬


バット・チャン・タン薬


ガンの患者に向けの薬


薬の一つ


ホーチミン市医療学株式会社が作った多くの薬


文:ヴァン・クイ
撮影:グエン・ルアン