05/02/2016 11:05 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのテト

ベトナム人は1年で、旧暦の正月(テト)の3日間を最も重要な日としている。ベトナムのテトは家族のメンバーが集い、新春を迎える習慣を表わす機会である。ベトナムの全国のテトを歓迎する方法は各地方様々であるが、基本的に、テトの買い物、テトの礼、テトの食事、テトの遊戯である。
テトの買い物
テトの近く、人々は色々な物を購入する。それは、桜、クアットの木、古物である。

テトの近く、人々は色々な物を購入する。それは、桜、クアットの木、古物である。今、ヨーロッパからの文化に影響を与えるため、多くの人々は外国から輸入されたワイン、魚、花を購入する。

昔、テトの時、ベトナム人は子供の成績が高くできるように字を書くのを学問者に頼んだ。今、その習慣は残っているが、春の雰囲気が楽しむために、字をもらう人も多くなる。



ベトナムのハノイのハンルオック通の桜を売る市場
撮影:ゴ・ズ-ベトナムフォトジャーナル



花を選んでいるハノイの人々。
撮影:チャン・タイン・ザン-ベトナムフォトジャーナル



ベトナムの伝統的な衣装を着ている子供。
撮影:チャン・コン・ダット-ベトナムフォトジャーナル



ハノイのハンマ通りで販売されるテトの飾り物。
撮影:アイン・トゥアン-ベトナム通信社



書道を書いている学門者。
撮影:チャン・コン・ダット-ベトナムフォトジャーナル



ベトナムのバックニン省におけるドンホー絵の村のグエン・ダン・チェ芸術者。
撮影:チン・ヴァン・ボ-ベトナムフォトジャーナル



ハノイにおける古物市場。
撮影:アイン・トゥアン-ベトナム通信社
 

テトの食事

テトの料理は家で作り、自家製のバインチュンを作る。家族は集まり、一緒にバインチュンを作る姿はベトナム人の人々、外国に住んでいるベトナム人の心に永遠に残っている。
 ベトナム人のテトの時の食事は様々である。それぞれの地方によって違う。ベトナムの北部の食事は、バチュン、鶏の肉、ネム、春雨などがある。

他は、ケーキ、お菓子、ジュース、ビール、お酒なども不可欠である。

テトの料理は家で作り、自家製のバインチュンを作る。家族は集まり、一緒にバインチュンを作る姿はベトナム人の人々、外国に住んでいるベトナム人の心に永遠に残っている。



バインチュンを作る原料であるゾンの葉。
撮影:チョン・チン-ベトナムフォトジャーナル


バインチュンを作っている。
撮影:ラム・カイン/ベトナム通信社









テトの時の物
撮影:コン・ダット、チャン・タイン・ザン、グエン・ルアンとベトナムフォトジャーナルの資料

ベトナム人のテトの時の食事。
撮影:チャン・タイン・ザン-ベトナムフォトジャーナル



ホーチミン市で、テトを歓迎するシンガポール人のRichard K.H.Chua氏とその家族。
撮影:タイン・トゥン
 
テトの祭事

昔から、それぞれの時代とそれぞれの地方によって、テトの礼儀は違うが、ネウという木を植えること、大晦日の参拝、お年玉など色々な習慣、礼儀は同じである。
テトの祭事は伝統的な魂、信教の特徴を持つ行事である。昔のベトナム人は礼儀、祖先と神に対する尊敬の意を表わす。そのため、テトもその貴重な文化の特徴を表わす機会である。

ベトナムのテトは旧暦の1月の元旦の3日間続くがその前後の行事は多い。

昔から、それぞれの時代とそれぞれの地方によって、テトの礼儀は違うが、ネウという木を植えること、大晦日の参拝、お年玉など色々な習慣、礼儀は同じである。

毎年、旧暦の23日に、キッチンを護る神であるオン・コンとオン・タオを送る祀りがある。
 
旧暦の年末の最後の日に、どの家族も土の神を供養する食事をする。家族のすべてのメンバーは集まり食事をする。そのため、ベトナム人はどこに居ても、テトは家へ戻る。

ベトナム人は大晦日の儀式のための食事をする。その後、お寺に参り、今年の幸福を祈る。

テトの時、人々はお互いに友達、親戚、知り合いの家を訪問し、長寿、幸福などを望む。そして、お年玉などをあげる。

テトの後、テトを送る儀式もある。
ベトナムのテトは伝統的な文化の特徴を有し、人文道徳、家族、族、社会の中をつながる。



テトの時の祭壇。
撮影:トン・ティエン-ベトナムジャーナル


毎年、旧暦の23日に、かまどの神であるオン・コンとオン・タオを送るため、鯉を放つ。
撮影:チャン・タイン・ザン/ベトナムフォトジャーナル


祖先に向けてのフエの家族の食事。
撮影:タイン・ホア-VNP


テトの時のベトナム人の習慣の一つ
撮影:チャン・コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル


年寄りに福を祝う意を表明している。
撮影:ヴィエット・クオン‥ベトナム通信社

テトの遊び


昔、ベトナム人は子供が勉強の成績が良くなるように学者に書道の字をもらった。今は、春の雰囲気を楽しむため、書道の祭りに参加する。
テトの遊びは、ベトナムのテトの文化を表わす。テト間近に、一年間一回だけ開かれる市場がある。近年、ヨーロッパからの文化が入ったため、多くの人は外国から輸入された花、ワインなどに人気がある。

昔、ベトナム人は子供が勉強の成績が良くなるように学者に書道の字をもらった。今は、春の雰囲気を楽しむため、書道の祭りに参加する。

新年、春が来る時、各地へ旅行することは春の旅と呼ばれる。多くの人は遠くの神社や寺へ参拝に行く。

ベトナム人は寺へ行くことは前の年の煩悩をはらい、新年の幸福を祈る。

他は、祭りにも参加する。毎年、春に8000の祭りが行われている。それも千年前からの建国の祖先の貢献を思い出すことである。




ベトナムのクアン・ニン省のイエン・トゥ山における祭り
撮影:チャン・コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル


旧暦の1月4日、チュ・ドン・トゥ祭りが行われる。
撮影:ヴィエット・クオン/ベトナム通信社



テトの時の祭りの一つ。
撮影:ホアン・ザップ/ベトナムフォトジャーナル



ハノイのドン・アインにおけるテトの時の祭りの一つ。
撮影:ミン・ドゥック/ベトナム通信社


テトの時の祭りの一つ。
撮影:チャン・タイン・ザン/ベトナムフォトジャーナル

文:トン・ティエン
撮影:ベトナムフォトジャーナルと資料