28/01/2017 15:48 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのテトの特別な産物

昔から、ベトナムのお正月には、希少なものを探し供養として先祖に贈る習慣がある。その習慣は伝統文化の特徴となり、ベトナムへの興味だけでなく、ベトナムの全国各地の文化が理解できる。

ベトナムの南部の人々のテトは釈迦頭、椰子、パパイヤ、マンゴーを祖先に供える。その供えられた果物の呼び名の意味は十分な財、禄などを願う意味を持つ。他は、3個のパイナップもある。
封建時代、王と貴族に差し上げる供物はスッポンやアナツバメの巣など森と海の産物である。貧富を問わず、どの家庭もバインチュン(旧正月)料理、赤い紙に書かれた祝辞、爆竹テトの竹竿が必要不可欠なものである。

今、以上の供え物の他、北部のドンタオ鶏、仏手柑、ダイホアンバナナ、、中部のタインティエンブーゲンビリア、シン村の絵、宮廷の料理、南部の梅の花、タンホンザボン、バインテトなども購入する。以前は富裕層の家庭のが買っていたアナツバメの巣や9つの爪を持つ鶏などは、現在、生活が充実され、多くの人々も供えられる。



ハノイのテトの時不可欠なものであるニャット・タン桃の花。
撮影:グエン・タン


テトの時のハノイのハンルオックの花市場
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料


ハノイのタインオアイ県の5種類の果物を1本に接ぎ木した木。
撮影:ヴィエット・クオン


ドンタップ省のサデックにおけるタンクイドンの花の村は南部の最大の観葉植物のセンターである。
撮影:グエン・タン



テトの時、梅の花、スイカ、柑橘類の木などはベトナム人で人気がある。
撮影:グエン・ルアン


テトを迎える南部の木を飾る南部の芸術家。
撮影:ミン・クォック

テトはベトナムの旧暦のお正月であり、ベトナム人の一年の中の重要な儀礼であり、1月1日、2日、3日で、家族が祖先を思い出すために集まる。

テトの時、全国の人は各地元の特有の料理を作る。ハノイはバインチュン、ウックレーハム、ハノイのスアンディン餡、ナムディン省のダイホアン魚の佃煮がある。


ベトナムの最後の封建制度の古都である中部のフエで、今、昔のテトの習慣を保存する。それは民間のテトと宮廷のテトである。現在、歴史の変更とともに、宮廷のテトは民間のテトと結合した。フエの婦人たちは多くの伝統的な料理を作った。他は、味のない料理もフエの特産物になる。

テトの時、南部の人々はバインテト(バインチュン)、チャーゾー、肉、腸詰めなどがある。テトの3日間、これらの料理は祖先に供えられる。バインテトは正月には不可欠なものであり、昔から充実した生活のシンボルになっている。



 
テトの時、祭壇を装飾するためのフエのタインティエンの紙の花
撮影:チャン・タイン・ザン



フエのシン村のテトの絵。
撮影:ヴィン・フン



テトで使われる線香の1つ


テトの時の書道。
撮影:コン・ダット



ベトナムのバック・ニン省トゥアン・タイン県にあるドンホー村の絵。
写真説明:鶏の絵を描いているグエン・ダン・チェ画家。
撮影:チン・ボ
 

テトの時、ベトナム人は祖先に供えたり、客に振舞うために多くの特別な餡を作る。

ベトナムのそれぞれの地方の人々は正月に、それぞれ特別な装飾をする。フエの人々はシン村の絵とタインティエン紙の花で飾る。南部の人々は新鮮な果物を祭壇に供える。一般的に南部の人々のテトは釈迦頭、椰子、パパイヤ、マンゴーを祖先に供え、そのフルーツの方言の呼び方は十分な財と禄などを願う意味がある。他は、3個のパイナップルもある。

バインチュンを作るハノイのチャンクック村。
撮影:チン・ボー



テトが近くに、北部の農村の市場で売られるバインチュンを作るための原料。
撮影:チョン・チン



ベトナムのフン・イエン省コアイ・チャウのドンタオ鶏はテトの時の特産物である。
撮影:コン・ダット


ベトナム人の伝統的な餡。
撮影:チャ・ミ、ヴァン・クエン


テトの供え物。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料



ベトナムのカン・ト省のバインテット。
撮影:グエン・ルアン



テトの伝統的な料理。
撮影:チャ・ミー



テトの伝統的な料理。
撮影:チャ・ミ



ベトナムのナムディン省リーニャンのダイホアン魚の佃煮。
撮影:ヴィエット・クオン



ベトナム人のテトのご馳走。
撮影:チャン・タイン・ザン

ベトナム人は祖先を敬慕し、テトの時、互いに特産物を贈り。昔の学徒たちは恩師に敬意を表し、貴重な鶏を贈り、子供たちは両親に一枚のシルク、梅や桃の木を贈る。友達はお互いに赤い一文字や絵などをあげる。
文:トン・ティエン
撮影:ベトナムフォトジャーナル