22/07/2017 15:10 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのタムダオ国立公園にあるベトナム熊保護センター

ベトナムのタムダオ国立公園にあるベトナム熊保護センターは大きな規模で野生の熊を飼育する最初の施設である。ここで熊たちは経験豊富で動物を愛する獣医たちよって飼育される。今、ベトナム熊保護センターはベトナムで絶滅の危機がある熊を保護することをみんなに呼びかけている。
 
アジア動物協会は森林保護局と協力し、ベトナム熊保護センター第9号と第10号の熊飼育施設の活動式が行なわれた。


2008年4月、ベトナムのタムダオ国立公園に、総面積1,2ha、資金330万ドルでベトナム熊保護センターを開き200頭の熊の飼育を開始した。

2010年1月19日、アジア動物協会は違反した3台コンテナで飼育される19頭の熊を救助した。


アジア動物協会は、2010年1月19日、3台のコンテナの中で違法に飼育されていた19頭の熊を保護救助した。

19頭の熊を飼育する違反したコンテナの1台はベトナム熊保護センターで紹介されている。熊を飼育する区域の1つは面積が5600㎡である。


ここに入る時、無菌の服を着、無菌の長靴を履かなければならない。


ここには、熊が遊ぶ設備も備えられている。


熊の食事の時間にケージを掃除するスタッフ


ここでの飼育により、熊は自分のテリトリーを守る本能が芽生えてきた。


木登りを練習するための木の階段

熊が自由に泳げるプールが設けられている

アジア動物協会はここの自然と多くの緑を保護している。ここの自然の地形は熊の本能を呼び起こすための環境を考え設立した。

アジア動物基金(Animals Asia Foundation)は2006年からベトナムで熊を救助をはじめ、2008年4月、はじめて、熊を飼育する施設を設立させた。当時、保護センターには6頭だけであったが、活動から9年間後、熊を飼育畜舎は5棟に増えた。ここで161頭の熊が飼育されている。
 
現在、月に1度 ベトナム熊保護センターは 公開され、観光客を歓迎する。ここを訪問の最初は、観光客は熊のリハビリ地区を見学する。その時、観光客は無菌の服、無菌の長靴を履いて入園しなければならない。


ここに治療された後、回復している20頭の熊がいる。ここは動物に向けるホテルのようなところである。他は、熊が遊べる設備なども備える。


次は、観光客は完全に回復した熊がいるところを訪問する。ここで本能を発揮する区域、運動をしたりリハビリをする場所がある。

体長の回復を図るためには、熊に対して食べ物が大切である。熊の餌として与えられる物は、野菜、果物、蜜などである。



熊の回復のために与えられるくだものは重要である

スタッフは食べ物を探しにくいところ隠し、餌を探すことを学習させる

高いところに置かれた餌

竹藪の中に置かれたニンジン

竹の中で置かれるニンジン


色々な場所に置かれた食べ物を熊自身で探す。


スタッフは苦労して隠した餌も熊はすぐに探し当てる。


他の熊に餌を取られないように護るため周りを警戒する一頭の熊

ここを見学することによって、観光客は熊の住む環境と熊を保護することについてよく理解できる。今、ベトナム熊保護センターは多くの非政府の組織の援助を受け、ベトナムをはじめ、世界の絶滅の危機のある熊の保護に努めている。

文、撮影:コン・ダット