02/03/2015 10:39 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムにおける最初のアオザイ博物館

ベトナムの300年前から生まれたアオザイを維持させ、アピールさせるために、ベトナムのシー・ホアンデザイナーはアオザイ博物館を設立した。同博物館を通じて、民族衣装と見なされる服の美が見える。
 
アオザイ博物館はベトナムのホーチミン市9区のロン・トゥアン庭にあり、畑、小橋、蓮の池、川などに囲まれている。
 

アオザイ博物館はベトナムのホーチミン市9区のロン・トゥアン庭にある。
撮影:グエン・ルアン



アオザイ博物館の落成式に出席していたシー・ホアンデザイナー。撮影:グエン・ルアン


アオザイ博物館の外で並べるアオザイのデザインを描いた紙。撮影:グエン・ルアン


シー・ホアンデザイナーのアオザイ博物館の中。撮影:グエン・ルアン

アオザイ博物館を訪問している人々。撮影:グエン・ルアン

アオザイ博物館はベトナムの伝統的な木の家の建築で設立され、17世紀、18世紀、19世紀のグエン王朝などのアオザイを紹介している。

他はグエン・ティ・ディン英雄、グエン・ティ・ビン元副主席、トン・ヌ・ティ・ニン外交官などのアオザイ、シー・ホアンデザイナーがデザインしたアオザイ、アオザイを着るベトナム人の女性たちの3千枚の写真も紹介している。

アオザイ博物館を訪問する人々は自らでアオザイをデザインし、アオザイを着、写真を撮った。

シー・ホアンデザイナーは「ベトナムのアオザイは形式的の価値と道徳の価値がある。アオザイを着る人は言い方も態度もきちんとなる。ベトナムのアオザイは全世界の人々に関心されていますが、アオザイ博物館がまだないため、アオザイを維持させ、アピールさせるようにアオザイ博物館を設立しました。」と述べた。
 

アオザイ博物館において紹介されているシー・ホアンデザイナーのアオザイ。撮影:グエン・ルアン


アオザイのそばで紹介されるベトナムの伝統的な絵。撮影:グエン・ルアン


ベトナムの伝統的な服であるアオザイ。撮影:グエン・ルアン


19世紀からのアオザイ。撮影:グエン・ルアン


1973年のアオザイ。撮影:グエン・ルアン


  2014年のアオザイ。撮影:グエン・ルアン
 
2011年のアオザイ。撮影:グエン・ルアン


陶器のピースで組み立てられたアオザイ。撮影:グエン・ルアン


アオザイ博物館で紹介されているアオザイ。撮影:グエン・ルアン


バイ・ナム人民芸術者のアオザイ。撮影:グエン・ルアン


1980年のグエン・ティ・ディン英雄のアオザイ。撮影:グエン・ルアン


1958年からのアオザイ。撮影:グエン・ルアン


ミン・ハインデザイナーのアオザイ。撮影:グエン・ルアン


2008年のヴオン・リン芸術者のアオザイ。撮影:グエン・ルアン
文:グエン・オアイン
撮影:グエン・ルアンと資料