16/03/2015 10:02 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムにおける截拳道

截拳道を研究する最初の人であるブイ・チョン・クアン(Bui Trong Quan)武道家は「ベトナムと世界における各国において、截拳道はブルース・リー武道家により確立された。しかし、ベトナムにおける截拳道はいくつかのベトナムの特徴を含みますがあります。」と言った。
ハノイと他の地方において、截拳道は有名である。しかし、少数の人だけが研究し訓練している。截拳道を堅持することは特別な訓練が要求される。

挨拶儀式をするベトナム人の門下生
截拳道の特徴的な技を披露するブイ・チョン・クアン武道家

門下生とともに、訓練するブイ・チョン・クアン武道家
截拳道の技能を実現するブイ・チョン・クアン武道家

截拳道の特徴的な技を見せる門下生たち。

截拳道の型を練習する門下生たち。
ヌンチャク-截拳道の武器


門下生に、技を教えるブイ・チョン・クアン武道家

練習する門下生たち。


截拳道は男性の門下生、女性の門下生に魅力がある。

截拳道に従うために、門下生たちは数多くの訓練方法を実現しなければならない。

クアン武道家によると、截拳道は素晴らしい移動方法がある。この移動方法は体のために、良いバランスを与える。

クアン武道家は「すべての人はブルース・リー武道家の截拳道を練習できます。しかし、ベトナムにおいて、門下生を訓練するとき、截拳道のいくつかの方法はベトナム人の体形に適当するように、変化させられます。80キログラムの人と50キログラムの人は違う練習方法があります。」と言った。

2003年からベトナムで行われている截拳道は、現在ハノイでは、数百人の門下生がいる。

 
文:クイン・アン
写真:トン・ハイ