08/01/2016 16:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムと他国との印

ここで、ベトナムフォトジャーナルはベトナムと他国との外交成果についての評価に関するベトナムの外務省のファム・ビン・ミン大臣の記事をご紹介しよう。
ベトナムと他国の関係はこの数年間、多くの成果を収めた。特に、ベトナムは国連機関参加の投票をされた。
その国連機関は 国連安全保障理事会 (任期:2008年-2009年)、国際連合人権理事会(任期:2014年-2016年)、経済-社会理事会(ECOSOC)(任期:2016年-2018年)、国際原子力機関(IAEA)(任期:2013年-2015年)、世界遺産委員会(任期:2013年-2017年)、
ユネスコ執行委員会(任期:2015年-2019年)である。
2015年5月、潘基文代国際連合事務総長は「国連の本当の開拓者」になれると確認した。


特に、ベトナムはASEANの加盟国とASEAN共同体の成立を率い、ASEAN共同体の中心の役割を強める。この20年間、1995年、ASEANに参加した後、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーの参加を促進し、東南アジア10ヶ国を含むASEAN共同体を設立する。

 
2015年、アメリカ合衆国を訪問しているグエン・フー・チョン書記長。撮影:チー・ズン-ベトナム通信社
 
2015年、習近平中国主席のベトナム訪問。
撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社



 
2015年ベトナムを訪問しているドミートリー・アナトーリエヴィチ・メドヴェージェフ首相。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社

2015年、グエン・フー・チョン書記長の訪日。
撮影:チー・ズン-ベトナム通信社


2015年、チュオン・タン・サン主席のキューバを訪問
撮影:グエン・カン-ベトナム通信社










 

ベトナムのASEANへの参加はASEAN設立の年間の半分であるが、ASEAN共同体の設立に関する多くを実施した国のリストに入っている。ベトナムはASEANの大陸と諸島の経済をつなぐ仲介になり、ASEANと各パートナーの協力を促進した。
 
ベトナムは東南アジアにおける原子核の役割を確認し、平和、安定、安寧の環境を維持するため、会談を促進し、国際法に基づき、南シナ海行動宣言を実施し、行動規範の作成の完成に努力する。東南アジアにおける平和と安全保障は、わが国の平和と発展の目的を保障することである。

2014年から、ベトナムは国連の平和維持活動に参加してきた。ベトナムは人間に関する9つの公約の7つの公約を批准した。
 

ベトナムが環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、東アジア地域包括的経済連携 (RCEP)に参加することは正しいことである。
ベトナムは欧州連合、ロシア、韓国などの先進国に対して重要なFTA(自由貿易協定)交渉を完了している。
2020年までに、15のFTA交渉を完了する計画で、ベトナムは国際連合安全保障理事会の 5ヶ国の常任理事国とG20に属する15ヶ国と58ヶ国のパートナーを含むネットワークを有する。

 


2015年アセアン共同体形成に関するクアラルンプール宣伝の調印式に出席するグエン・タン・ズン首相。撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社
ベトナムでのIPU-132開催。撮影:ベトナム通信社
2015年国連首脳会議に出席するチュオン・タン・サン主席。撮影:グエン・クアン-ベトナム通信社

APEC 23に出席したチュオン・タン・サン主席。撮影:グエン・クアン(Nguyen Khang)―ベトナム通信社



その他に、アセアンにおける多方対外をよく発揮することはベトナムの戦略的な価値と位置を高めることに貢献を果たす。この15年間に、ベトナムは世界における数多くの国家と外交関係を樹立した。

アセアンが中心である多方協力規制を通じて、ベトナムは地域と世界における戦略的な利益を促進する。このことはベトナムが平和で安定な環境を維持し、発展のために、資源の強みの活用を生かせる。


 


- ベトナムの戦略的なパートナーは、中国、ロシア、インド、日本、韓国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、タイ、インドネシア、シンガポール、マレーシア、フィリッピンである
-ベトナムの全面的なパートナーは、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、デンマーク、ウクライナ、ブラジル、南アフリカ、チリ、アルゼンチン、ベネズエラである。

文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル
他の記事