21/02/2016 16:12 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムで肉食動物とセンザンコウの保護教育センターが初めて設立

2月15日の「World Pangolin Day・ 世界センザンコウデー」にあたり、20日、野生動物研究保護センターは北部ニンビン省におけるクック・フオン国立公園と協力して、ベトナムで初となる肉食動物とセンザンコウ保護教育センターのオープニングセレモニーを行ないました。

オープニングセレモニーにはベトナム駐在イギリスのジャイルズ・レバー (Giles Lever)大使を始め、ベトナム駐在各国大使館の代表、地方行政府、野生動物保護者などが参加しました。このセンターはベトナムにおける野生動物の保護に関する教育の需要に応えるためのものです。

このセンターで飼育されている動物の見学を通じて、人々は動物への認識を深めると共に、これらの希少動物を絶滅の危機から救い出すための教育宣伝活動に参加できるようになります。
ソース:VOV
他の記事