09/06/2016 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムで、エコ建築を創造する人

ホアン・トゥック・ハオ建築家は「ベトナムの伝統的な建築の基本は現代的なエコ建築に応用するために貴重なものです。」と述べた。そのため、ハオ氏はベトナム文化の特徴と世界の建築レベルの建築を想像する夢を果たした。
2009年の前、ハオ建築家による建築(世界の賞を獲得した建築)は、まだ図画段階にあった。そのため、スオイレ共同建物が設立された後、図面に描いてある建設は国内外で知られた。


ホアン・トゥック・ハオ建築家(2016年5月)
撮影:タット・ソン


ハノイ建築大学で教えているホアン・トゥック・ハオ氏
撮影:タット・ソン


2015年シンガポールで行われた建築フェスティバルで第一位の賞を獲得したホアン・トゥック・ハオ氏とその同僚
撮影:資料

ベトナムのホア・ビン省ルオン・ソン県クー・イエン集落のスオイレ共同建物は竹、葉などの自然からの原料で作られた。その建物はアメリカ2012Green Good Design、アメリカの International Architecture Awards (IAA)の賞を獲得し、World Architecture NewsのEcowan賞のTop7のリストに入った。 

憩いの場共同建物は長い間ヨーロッパで展示された。その建物の原料は竹、土である。

世界が、気候変更、汚染など環境に関する問題に直面している事情の中、現在、世界は、建築への傾向である。しかし、ハオ氏のエコ建築に近づく縁はその傾向のためではなく、ベトナムの伝統的な文化が理解でき、体感できるのである。

ホアン・トゥック・ハオ氏は、建築工事を応用するために多くの地方へ行き、冬は暖かく、夏は涼しいタイ族、ヌン族、タイ族の高床を見た。彼も断熱効果の高い材料で作られたハザン省の家、北部のデルタ地域で陽射しを遮る玄関がある家、南向きの土間、池がある家などを参考にし、それにより、彼はベトナム人の伝統的な建築の特徴が使用できた。


ホアン・トゥック・ハオ建築家は山岳民族の伝統的な家の階段を使った。
撮影:資料


ホアン・トゥック・ハオ建築家が建てたホイアン旧市街にある子供たちに向けの建物。
撮影:資料


ホアビン省ルオンソン県クーイエン集落でホアン・トゥック・ハオ建築家によって建てられた憩いの場
撮影:資料


ホアン・トゥック・ハオ建築家によって建てられたハザン省クアンバ県の建物
撮影:資料


ホアン・トゥック・ハオ建築家によって建てられたホイアン市の建物
撮影:資料


スオイレ工事の図案。
撮影:資料

ホアン・トゥック・ハオ建築家はその経験を使用し、「ブータン幸福センター」を設計した。「ブータン幸福センター」は世界の有名な建築家の多くの設計を退け、選択され、ブータンで建設された。

ハオ氏は、ブータンの松林の中の面積1500㎡の土地に空が丸、地面が四角であるベトナム人のアイディアを出した。「ブータン幸福センター」は外見はブータンの建築の特徴があるが、ベトナム文化の特徴もある。





ホアン・トゥック・ハオ建築家が設計した「ブータン幸福センター」
撮影:資料

「ブータン幸福センター」は適当な発展の方法があたっら、ベトナムのエコ建築が世界のレベルに向上できると確認した。そのため、ホアン・トゥック・ハオ建築家は国内外のプロジェクトで多忙であるが、建設大学で教師として学生たちに経験を分かち合い、教えている。
文:タオ・ヴィー
撮影:グエン・タット・ソンと資料