17/06/2016 13:26 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、2035年までの目標を設定

16日、ホーチミン市で、VCCI=ベトナム商工会議所と世界銀行ベトナム事務所の共催により、「ベトナム渇望2035・能動的民間経済の発展と体制近代化の要求」をテーマにしたシンポジウムが行われました。 席上、「2035年をめどに、ベトナムは中所得以上の国になり、繁栄・創造・公平・民主的な社会を作り出す」という目標が出されました。 世銀の専門家らは、「この目標の達成は、経済発展と環境保護の両立や、社会公平の確保、国家の能力の向上といった3つの柱によるものである」との見解を示しました。また、世銀は、「この目標の実現にとって、各自由貿易協定のメリットや、近代的技術とソリューションへのアプローチのチャンス、国内中流層の力の増加は有利な要素である」としています。 さらに、「今後、国家の経済再構築事業への民間経済セクターの参加を奨励し、公的投資の効果を高める必要がある」と指摘しています。 ソース:VOV
他の記事