12/01/2017 13:27 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、長期的な衝突防止を呼びかける

10日、1月の国連安全保障理事会議長国を務めるスウェーデンの主宰の下、「衝突防止・平和維持」と題する今年初めての討論会が行なわれました。会には加盟する94カ国の代表が参加しました。

席上、国連常駐ベトナム代表団副団長のファム・キム・アイン大使は発言に立ち、「長期的な紛争は発展への努力を妨げるだけでなく、衝突を引き起こす原因でもある」との見解を示すとともに、「国連は多国間主義や国際法の尊重や武力による威嚇、又は武力行使をしないという原則を基礎に、集団安全保障を強化する時が来た」と強調しました。

また、アイン大使は国連は国連憲章の第33条に基づき、長期的な衝突防止と紛争解決戦略の作成を優先させると同時にそれぞれの国の独立、主権、領土保全を尊重し、地域の安全保障におけるASEANの中核的な役割を掲げる必要があると強調しました。
ソース:VOV
他の記事