05/02/2017 12:32 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、小売市場の発展へ

ベトナムはアジア地域において最もダイナミックで魅力的な小売市場の一つであると評価されています。この数年、ベトナムにおける小売・サービス業の売上高が急増したことは国内の消費が国の経済成長に寄与する重要な原動力になったことを示しています。一方、小売市場の発展は仕事の斡旋にも大きく貢献しています。2016年、小売市場は7百万人に雇用を創出しました。

商工省のチャン・トゥアン・アイン大臣は次のように語っています。
(テープ)
「商工省は、2017年の小売業発展に関する計画案と2025年までのビジョンを立案しました。また、農村部や僻地などにおける取引システムを円滑化させるために、優先的な投資誘致分野と投資優遇の対象となる分野のリストを提出しました。さらに商工省は小売市場の発展に向けて、国内外の企業に有利な条件を作り出す際に、各省庁や部門、地方行政府の責任を明確にしました。その他、国内製品と国内市場を保護する為、世界経済への参入に関する公約に従って、技術的障壁の構築と完備を加速しています。」
一方、世界銀行のセバスチャン・エクハート専門家によりますと、中期的にみれば、ベトナムの小売業は最盛期にあることから、その展望は大きいとしています。
ソース:VOV

 
他の記事