19/05/2016 10:49 GMT+7 Email Print Like 0

フーエン省

ベトナムの南中部の 海岸地帯にあるフーエン省は、海と観光について経済的潜在力がある。フーエン省はマグロ漁が発展しているところであり、大きな経済的の利益をもたらすことだけでなく、祖国の諸島の主権を守ることに貢献している。
海の経済の潜在力

フーエン省の人民委員会のレー・ヴァン・チュック副会長は「毎年、フーエン省は6千トンのマグロと3千トンのイカを水揚げしている。2016年、185隻の漁船を作り、465隻の船を造る予定です。」と述べた。
フーエン省というと、漁業、特にマグロ漁を考える。カツオは、肉が牛肉のように赤いため、フーエン省の人々に「カー・ボー・グー」と呼ばれる。1994年、トゥイホア市の6町の中のフーカウ村の漁民が、偶然にマグロを釣った。それから、マグロ釣りは職業になり、南中部の海岸部に広まった。


これまで、マグロ漁の急速な発展により、ベトナムで獲られたマグロは大きな市場であるアメリカ、EU、日本を含む世界の90ヶ国へ輸出されている。フーエン省のマグロ漁は、全国の遠岸漁業の基本であると政府に認定された。2011年から、「Phuyen Tuna」はベトナムのカツオの最初のブランドとなり、ベトナム知的所有局、ベトナム科学-技術省に登録商標としての証明書を授与された。

現在、フーエン省は600隻の大型の漁船で漁をしている。多くの家族は2世代に渡りマグロ漁を営んでいる。


フーエン省のマグロを獲る漁船は祖国の島の主権を守ることにも貢献している。
撮影:レー・ミン



フーエン省で獲れるカツオの漁獲高は、毎年6千トンである。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料



フーエン省のマグロ加工工場。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料



出漁の準備している漁民。
撮影:レー・ミン



他は、フーエン省も1万トン
のロブスターやハタなども養殖している。
撮影:トン・ハイ



ロブスターを養殖することはフーエン省の水産物の生産高に貢献している。
撮影:トン・ハイ



アインミンクアン株式会社のマダラカワハギは韓国へ輸出するため加工される。
撮影:トン・ハイ
フーエン省は水路、陸路、鉄道、航空路、海路がある。タイグエン省の海へ向け、経済的な潜在力があり、活発なビンディン省、カインホア省に近いため、経済発展に有利である。

現在、フーエン省のホアヒエップ工業団地、アンフー工業団地などは国内外の投資を集め、多くの人々に雇用創出し、新しいテクノロジーを使用した、製品を生産し輸出される。

フーエン省経済団地管理委員会のレー・ヴァン・タイン会長は将来、ヴンロ石油化学企業が設立されることは多くの投資家を集めると述べた。その時、ここがベトナムの中部の大きな工業団地となる。実際、フーエン省は9案の外国のプロジェクト、114案の国内のプロジェクトが実施されている。

遠岸漁獲の他、フーエン省はロブスターやハタなども養殖されている。その生産量は毎年1万トンに達している。

観光の潜在力

昔から、フーエン省は静かで、素敵な景色に囲まれている。フーエン省のトゥイホア市における住宅地は豊かな田園の中にあり、青い海、広く白い海岸、マンラン教会などもある。

フーエン省といえば、トゥイアン県アンニンドン集落のダディア景色である。遠くから見ると、壮大な鉢の巣のようであり、おびただしい五角形や六角形の石が重り合っている。



ダディア景色は遠くから見ると、壮大な鉢の巣のようであり、おびただしい五角形や六角形の石が重り合っている。


マンラン教会は120年前に建てられ、フーエン省特有の文化を持つ。
撮影:トン・ハイ



フーエン省の文化の特徴であるニャンタワー。
撮影:トン・ハイ


トゥイアン県アンチャン集落のゲインデンの壮観な景色。
撮影:トン・ハイ



風光明媚なオーロアンの景色。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

2011年-015年、フー・イエン省を訪問する観光客は平均20パーセント増え、その中、外国人の観光客はい年間10パーセント増え、観光の収入は30パーセント増えた。2015年、フー・イエン省を訪問する客は野部90万人である。


トゥイアン県におけるオーロアン沼は高いから見ると、巨大な鳥が飛ぶ姿をしている。この沼の特産物はオーロアンという赤い貝である。

静かなバ川のそばにあるマンラン教会は120年前に建てられ、1651年イタリアのロームで、アレクサンドル・ドゥ・ロードイエズス会宣教師が印刷した最初の現在のベトナム語で書かれた「八日間の公教要理」という本を保存している。その本は今ベトナムの国家の宝である。

南方にあるヴンロは、ドンホア県ホアスアンナム集落にあり、カー峠、ダ-ビア山、ホンバーに囲まれる。ヴンロの近くにあるダイライン岬(ベトナム最東端)であり、ベトナムの最初の日の出の場所である。



文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:トン・ハイ、レー・ミン、チョン・ダットとベトナムフォトジャーナル