06/04/2017 11:14 GMT+7 Email Print Like 0

フンサ集落にある伝統の職業

ハノイのミー・ドゥック県フン・サ集落の伝統的な職業の維持だけでなく、現代的な生産の技術を使用し、タオルを編むことは効果的で、村の人々に十分な生活もたらす。
フンサ集落人民委員会のヴー・ヴァン・チュイ会長の案内で、私たちはタインヴオン株式会社を訪問した。タインヴオン株式会社は日本の大阪にタオルを輸出する。会社社長のホアン・ティ・ヴァン氏によると、最初、小規模でタオルを作っていたが、消費者の重要が増え、また、日本からオーダーがあり、2010年にタインヴオン株式会社を設立した。毎年、数千枚のタオルを国内で販売し、日本へも輸出する。



タオルを手で生産する原料は蚕糸、練り絹である。


今、多くの家族は現代的な機械、設備を投資する。


多くの家族は3台~4台の織機でタオルを生産する。


様々な種類があるタオルは国内外で販売される。


フンサ村の人々は手と機械でタオルを作る

機械でタオルを作ることは手でタオルを作ることより早く、さらに多くの人の力もあまり使わなくなる。織る前、糸を慎重に引っ張らなければならない。編む時も、細心の注意が要求される。

編んだタオルは色で染められ、次の段階はタオルのエッジを縫いあわせる。最後、販売される前、タオルはきれいに揃えられる。

今まで、フンサ集落で、70パーセントの家族はタオルを生産し、全国の各省で販売し、中国、日本、台湾へ輸出する。今まで、この村でタオルを作ることは地域周辺の数百人の労働者の雇用を創出する。



フンサ村では様々なタオルが多く作られている。

多くの様々なタオルは国内外の市場で販売される。


完成されたタオル


フンサ村で作られたタオル

フンサ村の人民委員会のチュイ会長によると、タオルの生産は村の人々の生活を改善することに貢献する。フンサ村はタオルの輸出を促進するために今フンサ村のタオルのブランドの発展のプロジェクトを推進している。
文:ガン・ハー
撮影:コン・ダット