30/06/2017 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相:民間経済を経済発展の重要な原動力と見なす

グェン・スアン・フック首相は「これらの決議は国営企業の再構築、民間経済発展、社会主義を志向する市場経済体制の構築にとって重要な意義があるものである」と明らかにしました。

29日、ハノイで、ベトナム共産党宣伝教育中央委員会と経済中央委員会の共催により、第12期共産党中央委員会第5回総会の決議を貫徹させる会議が行われました。

会議では民間経済を社会主義を志向する市場経済の重要な柱の一つとして発展させる決議、国営企業の再構築とその運営の効果向上の続行に関する決議、及び、社会主義を志向する市場経済体制の完備という経済に関する決議3件が集中的に貫徹されました。

会議で、グェン・スアン・フック首相は「これらの決議は国営企業の再構築、民間経済発展、社会主義を志向する市場経済体制の構築にとって重要な意義があるものである」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「社会主義を志向する市場経済体制の構築と完備は経済社会の急速、かつ、持続的発展に重要な条件を作り出すものであることから、戦略的意義を持っています。その中で、土地に関する法律の完備を集中的に行い、ハイテク農業の発展に土地集積に有利な条件を作り出すことがあります。また、公的投資と発展計画の作成や賃金改革を行うと共に、マクロ経済の安定化と不良債務の処理を進めます。」

このように語ったフック首相は「政府は民間経済を経済発展の重要な原動力と見なしている。政府は民間経済の急速、かつ、持続的発展に有利な条件を作り出す」と明らかにしました。
ソース:VOV
他の記事